憧れのメリハリボディに一直線!部分痩せの救世主キャビテーションのすべて

TOP » キャビテーションに関するQ&A » 家庭用のキャビテーションでは痩せにくい?

家庭用のキャビテーションでは痩せにくい?

このページでは、家庭用のキャビテーションの効果について解説しています。

家庭用のキャビテーションでも効果はあるの?

キャビテーションといえばエステサロンで受ける痩身メニューとして知られていますが、実は家庭用のキャビテーションマシンも市販されているのをご存知でしょうか?

自宅で気軽にキャビテーションができれば嬉しいですが、「実際に効果はあるのか?」「エステサロンのキャビテーションとはどこが違うのか?」といった疑問が残ります。

ここでは、家庭用と業務用のキャビテーションの違いを比較しながら、効果を検証してみたいと思います。

家庭用キャビテーションと業務用キャビテーションとの違い

これまでエステサロンでしか受けられなかった痩身術を、家庭でも体験できるとして注目を集めている家庭用キャビテーションマシン。キャビテーション機能のみならず、ラジオ波・EMS機能がついたマシンも販売されています。

自分の好きな時間・タイミングでキャビテーションできるのは大きなメリットですが、業務用のマシンとはどこが違うのでしょうか。

大きな違いの1つは、やはり出力です。

業務用のキャビテーションは18~40kHzという周波数の超音波を用いて脂肪を分解していきますが、家庭用のマシンの周波数は300 kHzほどとなっています。周波数が小さければ小さいほど振動は深部まで到達しやすくなるため、数字だけ見ても効果の違いは歴然。

家庭用のキャビテーションでは皮膚の表面程度にしか振動が伝わらないため、頑固な脂肪・セルライトを分解するには至らないのです。

なぜ家庭用キャビテーションは周波数が低いのでしょうか?その理由は簡単で、誰にでも安心して使えるようになっているためです。

業務用のキャビテーションは専門家が使用することを前提として開発されているので、家庭用よりも出力が高く、より確かな効果を実感できるようになっています。

確実な痩身効果を期待するなら、やっぱりエステ!

エステサロンで業務用のキャビテーションを受けるメリットは、マシンの出力だけではありません。エステでは、キャビテーションの痩身効果をより一層高いものとするため、さまざまな工夫を凝らしているのです。

まず、エステサロンでは脂肪・セルライトがより乳化されやすいよう、体を十分に温めていきます。

温め方はサロンによって異なりますが、主に使われるのはヒートマット・ラジオ波・サーモシェイプなどです。体を芯から温めることで脂肪が溶けやすくなり、キャビテーションの効果が最大限に発揮されるようになります。

そして、施術後には脂肪の排出を促すマッサージを行います。キャビテーションをあてただけでは脂肪は再び固まってしまうため、すぐにマッサージでリンパへ押し流すことが重要です。

押し流された脂肪はエネルギーとして消費されたり、汗・尿として体外へスムーズに排出されるため、より確かな痩身効果を得ることができます。

家庭用のキャビテーションを使用する場合は、このマッサージも自分自身で行う必要がありますが、リンパの流れや体の仕組みをしっかり理解していないと思ったような効果は得られません。

コストパフォーマンスでは家庭用に軍配が上がりますが、プロのキャビテーションは1回でも痩身効果を実感できるほど!リバウンドもほとんどないので、腕の良いエステに通えばお値段以上の効果を得られるでしょう。

キャビテーションならここ!東京のエステサロンランキングをチェック>>

コスパが高いサロンBEST 3
01
クイーンズピュア
クイーンズピュアの公式サイトキャプチャ

10分あたり 742

02
パルム
パルムの公式サイトキャプチャ

10分あたり 840

03
Bloom
Bloomの公式サイトキャプチャ

10分あたり 約1,333

TOPへ戻る

Copyright (C) 本気で痩せたい女性のためのキャビテーション攻略サイト All Rights Reserved.