本気で痩せたい女性のためのキャビテーション攻略サイト
本気で痩せたい女性のためのキャビテーション攻略サイト

憧れのメリハリボディに一直線!部分痩せの救世主キャビテーションのすべて

キャビテーションイメージ キャビテーションイメージ

サイトマップ

キャビテーションで溶けた脂肪の行き先は?

このページでは、キャビテーションをあてた後の脂肪の行き先について解説しています。

キャビテーション後の脂肪はどこへ行くの?

キャビテーションとは、超音波の振動で脂肪細胞を乳化して分解する痩身術。約18~40khzという周波数を用いるため、皮下の深くにある脂肪も徹底的に分解することができます。

非常に高い部分痩せ効果が期待できるキャビテーションですが、乳化された脂肪は一体どこへ行くのでしょうか?

エネルギーとして消費

キャビテーションで乳化された脂肪は、まず体内でエネルギーとして消費されます。

キャビテーションによって脂肪は柔らかく溶けているため、ちょっと身体を動かすだけでも燃焼効果はアップ。普通に運動してダイエットをするよりも、スピーディーな効果が期待できるのです。

汗・尿として体外へ排出

エネルギーとして消費されなかった脂肪は、リンパを通って血管(静脈)へと合流。その後は肝臓へと運ばれて、老廃物として分解されます。

3~4日ほどかけて排出が行われるため、内臓に負担をかけないためにもこの期間のキャビテーションは避けた方が賢明です。

分解した脂肪を流すにはマッサージが必須!

キャビテーションで分解された脂肪はエネルギーとして消費、もしくは汗・尿として体外へ排出されますが、その効果を高めるには術後のマッサージが必須

なぜなら、キャビテーションで柔らかくなった脂肪をそのままにしておくと、2時間ほどで再び固まってしまうからです。これを防ぐためには、念入りなマッサージで脂肪をリンパへと押し流す必要があります。

ちなみに、キャビテーションを単体で受けた場合、燃焼効果の持続は約3~4日。しかし、施術前の温め施術(ヒートマットなど)に術後のマッサージを組み合わせると、その効果は2週間ほど持続すると言われています。

この間にセルフマッサージや軽い有酸素運動を続けると、より燃焼効果・デトックス効果が高まって、痩身効果がグンとアップするので、ぜひ実行してみてください。

なかにはキャビテーション単体でも効果があると謳っているサロンもありますが、分解した脂肪の排出までをひっくるめたものが「キャビテーション痩身術」です。

キャビテーションをあてるのみでは、ただ単に脂肪を柔らかくしているだけなので、思ったような痩身効果は期待できないと心得ましょう。

キャビテーションならここ!東京のエステサロンランキングをチェック>>

よく読まれているページ
キャビテーションならここ! 東京のエステサロン ランキング キャビテーションの 痩身パワーを体験! 痩身効果を 最大限に高める法則
おすすめサロン Best3

クイーンズピュア

  • セルライト除去

    imgimgimgimgimg

  • むくみ改善

    imgimgimgimgimg

  • 代謝アップ

    imgimgimgimgimg

もっと詳しく

ブルーム

  • セルライト除去

    imgimgimgimgimg

  • むくみ改善

    imgimgimgimgimg

  • 代謝アップ

    imgimgimgimgimg

もっと詳しく

パルム

  • セルライト除去

    imgimgimgimgimg

  • むくみ改善

    imgimgimgimgimg

  • 代謝アップ

    imgimgimgimgimg

もっと詳しく