憧れのメリハリボディに一直線!部分痩せの救世主キャビテーションのすべて

TOP » 部分痩せの代表選手!キャビテーションとは » 施術の注意点

施術の注意点

医者の注意

キャビテーションの安全性が気になる方へ、注意点や副作用、禁忌事項などまとめました。

大きな副作用はないことが魅力のキャビテーションですが、より安全に施術を受けるために。そして効果をしっかり実感できるために必ずご確認ください。

施術前後の注意点

施術後は入浴や岩盤浴で体を温める

キャビテーションを受けた日は、新陳代謝が上がっている状態なので、入浴や岩盤浴でさらに体脂肪の燃焼の働きを高めてくれます。季節にもよりますが、入浴なら38℃~40℃くらいの温度でゆっくり湯船に浸かりましょう。

岩盤浴もしくは、低温のサウナの場合は、長時間体を温めておくことができるので、より効果を期待できます。

コーヒー・緑茶・牛乳などは控える

コーヒー、緑茶、牛乳を飲むと体を冷やすことになるため、なるべく飲まないようにしましょう。コーヒーや緑茶に含まれているカフェインは血管を拡張させる作用があり、その影響で体温が下がってしまうと言われています。また、牛乳には脂肪分が多いので、ホットミルクにしたとしてもオススメできません。

どうしても、牛乳を飲みたい場合には、無脂肪や低脂肪のものに変えましょう。

ココア・黒豆茶を積極的に飲む

ココアに含まれているテオブロミンは、血流改善に作用するため、体温を上げてくれます。黒豆茶に含まれているサポニンは、脂質の代謝を促進し、アンチエイジングにも効果を期待することができます。

コーヒーやカフェインの入ったお茶を飲みたくなったら、ココアや黒豆茶で代用してみましょう。

また、ココアに入れるミルクは、先ほども紹介したように無脂肪や低脂肪のものにして飲むと、より効果が期待できます。

施術後にオススメな食事

施術後には、低カロリーで高タンパクなメニューを選んでください。

例えば、タンドリーチキンや低カロリーで高タンパクな鶏のむね肉を使い、腸内環境を整えてくれる食物繊維が豊富なごぼうを一緒に炒める料理や、こちらも、低カロリーで高タンパクなタラをホイル焼きにしたり、和食を中心としたメニューが望ましいです。

自分で作ることができない場合は、プロテインやサプリメントなどを利用するのもオススメです。

ゴロゴロ寝るのを避ける

どれだけ脂肪を燃焼しやすい状態になっても、血流が良くなければ溜まりやすい状態へ逆戻りしてしまいます。

日頃から軽い運動やマッサージなどをしましょう。買い物のついでに散歩でも構いません。キャビテーションを受けて、新陳代謝が上がっているときに動けば、より一層効果が出て、目標にしている体型にも早く近づけます。

就寝は遅くても23時を目安に

お肌のゴールデンタイムと言われている22時~2時は、細胞が再生する時間帯です。

睡眠不足は、肥満を助長することもあり、忙しい現代人には、難しいかもしれませんが、23時を目安に就寝するように心掛けましょう。

キャビテーションが受けられない人

キャビテーションの超音波は脂肪細胞にのみ働くため、皮膚や筋肉、血管などには影響がないことが臨床実験で実証済みです。医療機関でも使用されるなど安全性は保障されている安全性に優れた施術だといえます。ダウンタイムが長い脂肪吸引と異なり、デメリットが非常に少ないのが魅力ですね。

ただし、キャビテーションを受けてはいけない人、健康状態によっては避けたほうがいい人もいます。以下にまとめたのでご確認ください。

キャビテーションならここ!東京のエステサロンランキングをチェック>>

コスパが高いサロンBEST 3
01
クイーンズピュア
クイーンズピュアの公式サイトキャプチャ

10分あたり 742

02
パルム
パルムの公式サイトキャプチャ

10分あたり 840

03
Bloom
Bloomの公式サイトキャプチャ

10分あたり 約1,333

TOPへ戻る

Copyright (C) 本気で痩せたい女性のためのキャビテーション攻略サイト All Rights Reserved.