本気で痩せたい女性のためのキャビテーション攻略サイト
本気で痩せたい女性のためのキャビテーション攻略サイト

憧れのメリハリボディに一直線!部分痩せの救世主キャビテーションのすべて

キャビテーションイメージ キャビテーションイメージ

サイトマップ

施術の注意点

キャビテーションの安全性が気になる方へ、注意点や副作用、禁忌事項などまとめました。

施術前後の注意事項

大きな副作用はないことが魅力のキャビテーションですが、より安全に施術を受けるために。そして効果をしっかり実感できるために必ずご確認ください。

施術前後の注意点

  • 水分をしっかり補給する
    水分が体内に少ないと老廃物を排出しにくくなります。施術前にはたっぷり水を補給しましょう。
  • 施術後はカロリー控えめに
    施術後は、栄養分が体内に吸収されやすい状態になっています。施術後最低1時間はカロリーの高い飲食の摂取は控えましょう。中には施術直後に胃腸の不調を感じる方もいるので、何も食べないのが一番おすすめです。
  • 施術後2週間は適度な運動を
    キャビテーションを受けた後2週間は、脂肪が柔らかくなっているのでダイエットのチャンスです。適度な運動で、脂肪をしっかり落としましょう。
  • アルコールやタバコは控える
    キャビテーションで破壊された脂肪は肝臓で処理されます。そのため、施術後は肝臓に負荷を与えるアルコールやタバコは控えましょう。

キャビテーションが受けられない人

キャビテーションの超音波は脂肪細胞にのみ働くため、皮膚や筋肉、血管などには影響がないことが臨床実験で実証済みです。医療機関でも使用されるなど安全性は保障されている安全性に優れた施術だといえます。ダウンタイムが長い脂肪吸引と異なり、デメリットが非常にすくないのが魅力ですね。

ただし、キャビテーションを受けてはいけない人、健康状態によっては避けたほうがいい人もいます。以下にまとめたのでご確認ください。

キャビテーションが受けない方がよい人

  • 摂食障害のある人
  • 肝機能が悪い人
  • ペースメーカーを使っている場合。
  • 心臓に疾患のある人、病気などで通院中の人。
  • 皮膚や血液に疾患のある
  • 糖尿病の人
  • 妊娠中の人
  • ホルモン剤を使用している人
  • 体内に金属が入っている人
  • ペースメーカーを使用している人
  • インプラントの方
  • タトゥーを入れている人
  • 精神疾患やてんかんをお持ちの方